鳥取大学医学部眼科学教室(視覚病態学)

HOME > 学会案内 > 平成25年・26年業績

平成25年研究業績
原著
1.Sasaki S, Miyazaki D, Haruki T, Yamamoto Y, Kandori M, Yakura K, Suzuki H, Inoue Y: Efficacy of herpes virus helicase-primase inhibitor, ASP2151, for treating herpes simplex keratitis in mouse model. Br J Ophthalmol 97(4): 498-503, 2013.

2. Saban DR, Calder V, Kuo C-H, Reyes NJ, Dartt DA, Ono SJ, and Niederkorn JY. New twists to an old story: novel concepts in the pathogenesis of allergic eye disease. Current Eye Research 38(3): 317-330, 2013.

3. Matsuura K, Suto C, Akura J, Inoue Y: Comparison between intracameral moxifloxacin administration methods by assessing intraocular concentration and drug kinetics. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 251(8): 1955-1959, 2013.

4. Inoue Y, Shimomura Y, Fukuda M, Miyazaki D, Ohashi Y, Sasaki H, Tagawa Y, Shiota H, Inada M, Okamoto S, Araki-Sasaki K, Kimura T, Hatano H, Nakagawa H, Nakamura S, Hirahara A, Tanaka K, Sakuma H: Multicentre clinical study of the herpes simplex virus immunochromatographic assay kit for the diagnosis of herpetic epithelial keratitis. Br. J Ophthalmol 97(9): 1108-1112, 2013.

5. Matsuura K, Suto C, Akura J, and Inoue Y: Bag and chamber flushing: a new method of using intracameral moxifloxacin to irrigate the anterior chamber and the area behind the intraocular lens. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 251: 81-87, 2013.

6. Matsuura K, Inoue Y, Sasaki S, Hata Y, Ohmura N, and Gotou T: Assessment of vitreous drug concentration in the porcine eye following intracameral injection or irrigation with moxifloxacin. Clin Ophthalmol 7: 1397-1402, 2013.

7. Matsuura K, Uotani R, Terasaka Y: Subtenon triamcinolone injection for postoperative cystoid macular edema accompanied by serous retinal detachment and associated with tafluprost. Clin Ophthalmol 7: 1525-1528, 2013.

8. Matsuura K, Miyoshi T, Suto C, Akura J, and Inoue Y: Efficacy and safety of prophylactic intracameral moxifloxacin injection in Japan. J Cataract Refract Surg 39: 1702-1706, 2013.

9. Ishikawa H, Akura J, Uchida K, Ikeda T, Borlongan V, and Mimura O: A case with transient refractive change after removal of pituitary tumor. BMC Ophthalmology 13: 65, 2013.

10. Kandori M, Miyazaki D, Yakura K, Komatsu N, Touge C, Ishikura R, Inoue Y: Relationship between the number of cytomegalovirus in anterior chamber and severity of anterior segment inflammation. Jpn J Ophthalmol 57: 497-502, 2013.

11. Monden Y, Yamamoto S, Yamakawa R, Sunada A, Asari S, Makimura K, & Inoue Y: First case of fungal keratitis caused by Pestalotiopsis clavispora. Clin Ophthalmol 7: 2261-2264, 2013.

12. 松浦一貴,寺坂祐樹,井上幸次,大村菜美,後藤隆浩:モキシフロキサシン結膜下注射後の前房内薬剤濃度の変化.あたらしい眼科30(1):93-96,2013.

13. 松浦一貴,三好輝行,吉田博則,井上幸次,松尾 聡:水晶体嚢と眼内レンズは密着している.IOL & RS 27(1):63-66,2013.

14. 岩崎優子,高瀬 博,諸星 計,宮永 将,川口龍史,冨田 誠,望月 學:ぶどう膜炎の白内障手術における術後前眼部炎症の予測因子.あたらしい眼科30(1):123-126,2013.

15. 石倉涼子,唐下千寿,井上幸次:間欠性外斜視に甲状腺眼症を合併した1例.眼科臨床紀要 6(3):215-218,2013.

16. 松浦一貴,寺坂祐樹,魚谷 竜,井上幸次:低SNR(signal- to- noise ratio)症例での光眼軸長測定(OA-1000TM)の精度.臨床眼科67(3):321-325,2013.

17. 魚谷 純:介護・在宅医療だより9 私の介護・在宅医療との関わり-往診を主にしたささやかな経験から-.日本の眼科84(2):187-189,2013.

18. 魚谷 純,高橋和博,山下秀明,福下公子,高野 繁:平成24年度眼鏡に関するアンケート調査の集計結果報告.日本の眼科84(3):355-361,2013.

19. 石倉涼子,井上幸次,藤原裕丈,木谷光博,上野信也:アマンタジンの長期内服で角膜内皮障害を生じた2例.臨床眼科 67(4):527-532,2013.

20. 宮﨑 大,魚谷 瞳,魚谷 竜,武信二三枝,稲田耕大,三宅敦子,井上幸次:感染性角膜炎におけるグラム・ファンギフローラYⓇ二重染色の有用性.日本眼科学会雑誌117(4):351-356,2013.

21. 魚谷 竜,井上幸次:白内障手術に伴う広汎なDescemet膜剥離を両眼に生じSF6ガス前房内注入を要した1例.あたらしい眼科30(5):699-702,2013.

22. 下山玲子,宇多重員,根本裕次:過剰涙丘の1例.日本眼科学会雑誌117(5):438-442,2013.

23. 唐下千寿,山﨑厚志,大谷史江,馬場高志,宮﨑 大,井上幸次:トリアムシノロン硝子体内注入後にサイトメガロウイルス網膜炎を発症した1例.臨床眼科67(5):809-813,2013.

24. 山﨑厚志,三宅賢一郎,金田周三,池田欣史,富長岳史,井上幸次:ポリープ状脈絡膜血管症に対する治療により黄斑部脈絡膜陥凹が改善した1例.臨床眼科67(5):705-709,2013.

25. 太根伸浩,北川清隆,勝本武志,藤原悦子:高齢者の細菌性結膜炎における臨床分離菌と薬剤感受性.臨床眼科67(6):991-996,2013.

26. 佐々木慎一,山﨑厚志,金田周三,船越泰作,山本由紀美,池田欣史,井上幸次:水晶体亜脱臼を伴う低眼圧黄斑症に対して眼内レンズ縫着を併用した硝子体手術を施行した1例.臨床眼科67(6):1017-1022,2013.

27. 稲葉昌丸,糸井素純,井上幸次,植田喜一,大橋裕一,佐渡一成,白石敦,水谷聡,宮崎大,宮本仁志,矢倉慶子:ソフトコンタクトレンズ消毒薬の汚染状況. 日本コンタクトレンズ学会誌 55: 109-113, 2013.

28. 川口亜佐子,武信二三枝,魚谷 瞳,矢倉慶子,宮﨑 大,井上幸次,中山哲夫,吉川哲史,八田史郎:流行性耳下腺炎を伴わないがムンプスウイルスの関与が疑われた劇症角膜内皮炎の1例.臨床眼科 67(7):1143-1147,2013.

29. 唐下千寿,川口亜佐子,春木智子,佐々木慎一,縄田信彦,宮﨑 大,井上幸次:タクロリムスが奏効した難治性Mooren潰瘍の1例.臨床眼科67(7):1149-1153,2013.

30. 唐下千寿,矢倉慶子,寺坂祐樹,宮﨑 大,井上幸次:輪部移植5年後にヘルペス性角膜炎を発症した1例.あたらしい眼科30(6):837-840,2013.

31. 佐々木慎一,松浦一貴,飽浦淳介,井上幸次:150倍希釈モキシフロキサシン前房内置換法の安全性.IOL & RS 27(2)195-199,2013.

32. 成田亜希子,渡邊浩一郎,平野雅幸,小橋理栄,瀬口次郎:前眼部三次元光干渉断層計を用いた線維柱帯切除術後早期の濾過胞評価.あたらしい眼科30(7):1017-1021,2013.

33. 三浦悠作,中平麻美,岸 茂,福島敦樹:滲出性網膜剥離を伴った網膜海綿状血管腫の1例.臨床眼科67(9):1515-1519,2013.

34. 板谷浩志,八幡健児,奥野賢亮,大黒伸行:内視鏡を用いて眼内レンズ縫着部位を検討した2症例.IOL & RS 27(3):350-354,2013.

35. 林 泰博,林 福子:プロスタグランジン関連薬単剤使用例へのブリモニジンの追加効果.臨床眼科67(12):1889-1892,2013.

36. 八幡健児,大黒伸行:アレンドロネートを内服したステロイド薬全身投与ぶどう膜炎患者の骨密度変化.あたらしい眼科30(11):1605-1609,2013.

総説
1. 春季カタル治療薬研究会 代表:大橋裕一 会員;内尾英一,海老原伸行,岡本茂樹,熊谷直樹,庄司 純,高村悦子,中川やよい,南場研一,福島敦樹,藤島 浩,宮﨑 大:免疫抑制点眼薬の使用指針―春季カタル治療薬の市販後全例調査からの提言―.あたらしい眼科30(4):487-498,2013.

2. 井上幸次,大橋裕一,浅利誠志,石橋康久,宇野敏彦,木下 茂,塩田 洋,下村嘉一,田川義継,秦野 寛,松本光希,稲田紀子,井上智之,江口洋,岡本茂樹,亀井裕子,北川和子,小泉範子,白石 敦,鈴木 崇,外園千恵,高村悦子,豊川真弘,内藤 毅,檜垣史郎,福田昌彦,星 最智,宮崎 大:感染性角膜炎診療ガイドライン(第2版) 日本眼科学会雑誌 117: 467-509,2013.

3. 井上幸次:一週一話 感染性角膜炎について 日本医事新報 4661: 58-59, 2013.

4. 井上幸次:わかりやすい臨床講座 ヘルペスウイルスで起こる角膜炎. 日本の眼科84: 1241-1245, 2013.

5. 井上幸次:ウイルス性角膜炎 Monthly Book OCULISTA 7: 27-33, 2013.

6. 松浦一貴:眼科医の手引<804>白内障術後眼内炎の発症予防.日本の眼科 84(11):1560-1561,2013.

7. 松浦一貴:眼内レンズセミナー 眼内レンズ裏の粘弾性物質除去.あたらしい眼科30(6):795-796,2013.

8. 松浦一貴:眼内レンズセミナー 水晶体囊内前房内フラッシュ法.あたらしい眼科30(9):1257-1258,2013.

9. 松浦一貴:白内障術前検査としての結膜囊細菌培養と術前(術中)減菌化.眼科グラフィック(2):366-369,2013.

10. 坂谷慶子:【実際の会話で理解度UP!現場で使える眼科の病気・手術の説明集】屈折矯正手術.眼科ケア15(6):542-550,2013.

著書
1. 井上幸次:Ⅴ.全層角膜移植 1.全層角膜移植総論. 「眼手術学4 角膜・結膜・屈折矯正」西田幸二・横井則彦,前田直之編集 p64-65, 文光堂, 東京, 2013.

2. 井上幸次:Ⅴ.全層角膜移植 5.術後合併症. 「眼手術学4 角膜・結膜・屈折矯正」西田幸二・横井則彦,前田直之編集 p80-83, 文光堂, 東京, 2013.

3. 井上幸次:Ⅳ.角膜浸潤の鑑別 「オキュラーサーフェス疾患 目で見る鑑別診断」西田幸二・天野史郎編集 p66-78, 医学書院, 東京, 2013.

4. 井上幸次:9.眼科. 「最新・感染症治療指針 2013年改訂版」後藤元監修,p238-255, 医薬ジャーナル社, 東京, 2013.

平成26年研究業績
原著
1. Fukushima A, Ohashi Y, Ebihara N, Uchio E, Okamoto S, Kumagai N, Shoji J, Takamura E, Nakagawa Y, Namba K, Fujishima H, Miyazaki D: Therapeutic effects of 0.1% tacrolimus eye drops for refractory allergic ocular diseases with proliferative lesion or corneal involvement. Br J Ophthalmol 98: 1023-1027, 2014.

2. Haruki T, Miyazaki D, Matsuura K, Terasaka Y, Noguchi Y, Inoue Y, Yamagami S: Comparison of toxicities of moxifloxacin , cefuroxime, and levofloxacin to corneal endothelial cells in vitro. J Cataract Refract Surg 40(11): 1872-1878, 2014.

3. Matsuura K, Inoue Y: Ophthalmic viscosurgical device backflow phenomenon into the cartridge during intraocular lens insertion using injectors. Clin Ophthalmol 8 : 321-325, 2014.

4. Nakakura S, Terao E, Nagatomi N, Matzuo N, Shimizu Y, Tabuchi H, Kiuchi Y: Cross-sectional study of the association between a deepening of the upper eyelid sulcus-like appearance and wide-open eyes. PLoS One 29;9(4): e96249, 2014.

5. Matsuura K, Mori T, Miyamoto T, Suto C, Saeki Y, Tanaka S, Kawamura H, Ohkubo S, Tanito M, & Inoue Y: Survey of Japanese ophthalmic surgeons regarding perioperative disinfection and antibiotic prophylaxis in cataract surgery. Clin Ophthalmol 8 : 2013-2018, 2014.

6. Sunada A, Kimura K, Nishi I, Toyokawa M, Ueda A, Sakata T, Suzuki T, Inoue Y, Ohashi Y, Asari S, Iwatani Y: In Vitro Evaluations of Topical Agents to Treat Acanthamoeba Keratitis. Ophthalmology 121:2059-2065,2014.

7. Matsuura K, Suto C, Inoue Y, Sasaki S, Odawara S, Gotou T: Safety of intracameral injection of moxifloxacin using total replacement technique (bag and chamber flushing). J Ocul Pharmacol Ther 30(9): 771-776, 2014.

8. Matsuura K, Miyoshi T, Suto C, Akura J, Inoue Y: Intracameral moxifloxacin injection to prevent endophthalmitis. J Cataract Refract Surg 40(3): 509, 2014.

9. 松浦一貴,井上幸次,佐伯有祐,須藤史子,大久保真二,谷戸正樹,宮本 武,森 隆文:日本における周術期の抗菌薬投与の地域差.眼科手術27(1):118-124,2014.

10. 山﨑厚志,三宅賢一郎,三宅敦子,金田周三,富長岳史,井上幸次:黄斑円孔発症の前に黄斑偽円孔様所見を呈した2症例.眼科手術27(2):265-268,2014.

11. 馬場高志,三宅敦子,山﨑厚志,日下俊次,井上幸次:ベバシズマブ硝子体注射と光線力学的療法で加療した網膜血管腫の小児例.臨床眼科68(3):339-343,2014.

12. 三浦聡子,臼井審一,多田明日美,建林美佐子,數尾久美子,大鳥安正:強膜弁直上に漏出点がある場合の新しい濾過胞再建術を施行した2症例.眼科臨床紀要7(3):174-178,2014.

13. 神鳥美智子,井上幸次,池田欣史,藤原弘光,高畑正裕,髙倉真理子:眼感染症由来Staphylococcus aureusの In Vitroバイオフィルム形成に及ぼすグルコースの影響と抗菌点眼薬の殺菌効果.あたらしい眼科31(4):571-580,2014.

14. 蝶野郁世,宮﨑 大,井上幸次,唐下千寿,髙田美樹:周辺部角膜潰瘍を契機に顕微鏡的多発血管炎の診断に至った1例.眼科臨床紀要7(5):352-356,2014.

15. 川口亜佐子,三間由美子,三宅 瞳,宮﨑 大,井上幸次,藤原弘光:Mycobacterium gordonaeによる難治性角膜炎の1例.あたらしい眼科31(5):733-736,2014.

16. 大松 寛,宮﨑 大,富長岳史,松浦一貴,井上幸次:白内障手術前患者における通常培養による結膜囊内細菌検査.臨床眼科68(5):637-643,2014.

17. 春木智子,馬場高志,小山あゆみ,山﨑厚志,井上幸次:インターフェロン治療中に発症し前眼部OCTが有用であった原田病の1例.臨床眼科68(6):831-836,2014.

18. 中村友美,金本尚志,小松直樹,谷戸正樹,寺西慎一郎,内藤知子,馬場哲也,廣岡一行,溝上志朗,木内良明,KEY-SHOT Group:タフルプロストおよびトラボプロストの12週間点眼による自覚症状,治療満足度の検討.臨床眼科68(7):959-966,2014.

19. 瀬戸川章,井上賢治,添田尚一,堀 貞夫,富田剛司:身体障害者手帳申請を行った緑内障患者の検討(2012年版).あたらしい眼科31(7):1029-1032,2014.

20. 松浦一貴,寺坂祐樹,佐々木慎一:プロスタグランジン薬,βブロッカー,炭酸脱水酵素阻害剤の3剤併用でコントロール不十分な症例に対するブリモニジン点眼液の追加処方.あたらしい眼科31(7):1059-1062,2014.

21. 松浦一貴,寺坂祐樹,佐々木慎一,井上幸次:PAヨードを間欠的に用いる白内障術中消毒法の角膜上皮,角膜内皮への影響.眼科手術27(3):451-455,2014.

22. 藤本聡子,板谷浩志,八幡健児,奥野賢亮,大黒伸行:眼内レンズ毛様溝縫着術における惹起角膜乱視の検討.眼科手術27(4):619-623,2014.

23. 福田麻美子,瀬口次郎,成田亜希子,岡信宏隆,清水好恵,渡邊浩一郎,小橋理栄:結核性ぶどう膜炎の1例.岡山済生会総合病院雑誌43-44:21-26,2014.

24. 渡邊浩一郎,瀬口次郎,成田亜希子,福田麻美子,平野雅幸,小橋理栄:メトトレキセート硝子体注射が眼内病変に著効した眼内悪性リンパ腫の2例.岡山済生会総合病院雑誌 43-44:27-32,2014.

25. 山下秀明,高橋和博,魚谷 純,福下公子,高野 繁:平成25年度眼鏡に関するアンケート調査の集計結果報告.日本の眼科85(3):418-425,2014.

総説
1. Inoue Y: Review of clinical and basic approaches to corneal endotheliitis. Cornea 33:S3-S8,2014.

2. 春季カタル治療薬研究会 代表:大橋裕一 会員;内尾英一,海老原伸行,岡本茂樹,熊谷直樹,庄司 純,高村悦子,中川やよい,南場研一,福島敦樹,藤島 浩,宮﨑 大:免疫抑制点眼薬の使用指針―春季カタル治療薬の市販後全例調査からの提言―.あたらしい眼科30(4):487-498,2013.

3. 井上幸次:角膜感染症で真菌性と細菌性の違いについて教えてください.あたらしい眼科31臨増:30-31,2014.

4. 井上幸次:治療の最前線!点眼剤の使い分けとピットフォール⑤眼感染症.薬局65(5):1788-1795,2014.

5. 木下 茂,天野史郎,井上幸次,大橋裕一,高橋 浩,坪田一男,西田幸二:角膜内皮障害の重症度分類.日本眼科学会雑誌118(2):81-83,2014.

6. 大橋裕一,白石 敦,山口昌彦,鈴木 崇,井上智之,鄭 暁東,宇野敏彦,原 祐子,林康人,小林 剛,水戸 毅,望月佑次,三谷亜里沙,岡 奈央子,坂根由梨,島村一郎,田坂嘉孝,川崎史朗,鎌尾知行,高平尚子,中尾早織,武森信暁,武森文子,後藤直正,井上 康,南 宣慶,大鹿哲郎,西田幸二,井上幸次,木下 茂,成田勝有,一柳正裕,杉山清和:新たなコンセプトを求めて.日本眼科学会雑誌118(3):155-188,2014.

著書
1. 井上幸次:角膜炎、角膜潰瘍「専門医のための眼科診療クオリファイ21 眼救急疾患スクランブル」坂本泰二編 p46-50, 中山書店, 東京, 2014.

2. 井上幸次:アカントアメーバ角膜炎「寄生虫症薬物治療の手引き―2014― 改訂第8.0版」熱帯病治療薬研究班編 p13-14, 2014.

3. 井上幸次:角膜疾患の鑑別「眼科臨床エキスパート 眼感染症診療マニュアル」薄井紀夫・後藤浩編 p163-177, 医学書院, 東京, 2014.

4. 井上幸次:角膜混濁の分類と細隙灯顕微鏡での鑑別「眼科医のための眼科診療クオリファイ25 角膜混濁のすべて」井上幸次編 P2-6,中山書店, 東京,2014.

5. 玉井嗣彦:納豆を夕食に1パック食べたら0.01から1.5に視力回復!眼底出血も止まった.マキノ出版ムック「ゆほびか」特別編集須見洋行監修[効きめと旨さが○超アップ!「混ぜるだけ!納豆レシピ」],p8-9,マキノ出版,東京,2014.

6. 玉井嗣彦:<納豆>血栓を溶かす酵素により網膜血管閉塞症が劇的に回復.宮永嘉隆監修「目が劇的によくなる最強辞典」p100-115,マキノ出版,東京,2014.

7. 玉井嗣彦:網膜血管閉塞症の眼底出血や視野欠損が納豆食で劇的に回復したと眼科医が確認.マキノ出版ムック「安心」特別編集「目がぐんぐん若返るNo.1自力療法」,p36-37 ,マキノ出版,東京,2014.

8. 玉井嗣彦:納豆を夕食に1パック食べたら0.01から1.5に視力回復!眼底出血も止まった.マキノ出版ムック「ゆほびか」特別編集小林弘幸,池谷敏郎他解説「血液・血管が詰まらない切れない最強セルフケア」,p58-60,マキノ出版,東京,2014.

9. 玉井嗣彦:食べる目薬「夜納豆」が血栓を溶かす!網膜血管閉塞症の予防・改善に効果大. 「健康」編集部編「白内障・緑内障・黄斑変性が自分で治せる101のワザ」,p94-95,主婦の友インフォス情報社,東京2014.