鳥取大学医学部眼科学教室(視覚病態学)

HOME > 教室紹介 > 平成23年・24年業績

平成24年研究業績
原著
1. Ikeda Y, Miyazaki D, Yakura K, Kawaguchi A, Ishikura R, Inoue Y, Mito T, Shiraishi A, Ohashi Y, Higaki S, Itahashi M, Fukuda M, Shimomura Y, Yagita K: Assessment of real-time polymerase chain reaction detection of Acanthamoeba and prognosis determinants of acanthamoeba keratitis. Ophthalmology 119: 1111-1119, 2012.

2. Sasaki S, Miyazaki D, Miyake K, Terasaka Y, Kaneda S, Ikeda Y, Funakoshi T, Baba T, Yamasaki A, and Inoue Y: Associations of IL-23 with polypoidal choroidal vasculopathy. Invest Ophthalmol Vis Sci 53(7): 3424-3430, 2012.

3. Matsuura K, Suto C, Inoue Y, Saeki Y, Miyamoto T, Mori T, Ohkubo S, Tanito M: A Japanese survey of perioperative antibiotic prophylaxis in cataract surgery. Asia-Pacific Journal of Ophthalmology 1:283-286, 2012.

4. Matsuura K, Sasaki S, Uotani R :Successful treatment of prostaglandin-induced cystoid macular edema with triamcinolone. Clinical Ophthalmology 6: 2105-2108, 2012. doi:10.2147/OPTH.S39542. Epub 2012 Dec 18.

5. Matsuura K: Pharmacokinetics of subconjunctival injection of moxifloxacin in humans. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol, 251, 1019-1020. 2013, Epub 2012.

6. Matsuura K, Suto C, Akura J, Inoue Y: Bag and chamber flushing: a new method of using intracameral moxifloxacin to irrigate the anterior chamber and the area behind the intraocular lens. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 251: 83-87, 2013, Epub 2012.

7. 植田喜一,大橋裕一,下村嘉一,井上幸次,石橋康久,稲葉昌丸,宇野敏彦,江口洋,白石敦,外園千恵,田川義継,近間泰一郎,福田昌彦:重症コンタクトレンズ関連角膜感染症の発症地域と発症時期. 日本コンタクトレンズ学会誌 54:283-287,2011.

8. 石倉涼子,唐下千寿,川口亜佐子,井上幸次:ハンガーフックによる外傷性上斜筋損傷の1例.眼科臨床紀要 5(1):59-63,2012.

9. 松浦一貴,魚谷 竜,井上幸次:白内障術後のモキシフロキサシン結膜下注射の安全性と有効性-モキシフロキサシン結膜下注射後の前房内薬剤濃度の変化.あたらしい眼科29(1):99-102,2012.

10. 高橋和博,宇津見義一,藤堂勝巳,魚谷 純,福下公子,高野 繁:平成23年度眼鏡に関するアンケート調査の集計結果報告.日本の眼科83(3):385-392,2012.

11. 高橋和博,宇津見義一,藤堂勝巳,魚谷 純,福下公子,高野 繁:コンタクトレンズによる眼障害アンケート調査の集計結果報告(平成23年度).日本の眼科83(4):513-520,2012.

12. 松浦一貴,魚谷 竜,井上幸次:水晶体嚢内前房内フラッシュ法(BCフラッシュ)―モキシフロキサシン前房内注入変法.臨床眼科66(4):437-441,2012.

13. 馬場高志,石倉涼子,金田周三,山本由紀美,唐下千寿,石田博美,平中裕美,山﨑厚志,井上幸次:Coats病精査を契機に眼底所見から先天性上斜筋麻痺を診断した1例.臨床眼科66(4):453-457,2012.

14. 松浦一貴,魚谷 竜,井上幸次:眼内レンズ挿入眼での光干渉眼軸測定(OA-1000TM)の精度の検討.臨床眼科66(4):491-494,2012.

15. 井上幸次,大橋裕一,江口 洋,杉原紀子,近間泰一郎,外園千恵,下村嘉一,八木田健司,野崎智義:わが国のアカントアメーバ角膜炎関連分離株の分子疫学多施設調査(中間報告).あたらしい眼科29(3):397-402,2012.

16. 大橋裕一,井上幸次,秦野 寛,外園千恵:細菌性結膜炎および細菌性角膜炎に対する1.5%レボフロキサシン点眼液(DE-108点眼液)の第III相臨床試験.あたらしい眼科29(5):669-678,2012.

17. 松浦一貴,魚谷 竜,井上幸次:白内障術後のモキシフロキサシン結膜下注射の安全性と有効性 モキシフロキサシン結膜下注射後の前房内薬剤濃度の変化.日本白内障学会誌24(1):51-54,2012.

18. 稲葉昌丸,糸井素純,井上幸次,植田喜一,大橋裕一,佐渡一成,水谷 聡,宮﨑 大,宮本仁志,矢倉慶子:コンタクトレンズケース内汚染の現状.日本コンタクトレンズ学会誌 54:31-40,2012.

19. 前 敏夫,飽浦淳介,荒木達也,佐々木美也子:当院での術後眼内炎撲滅への取り組み.日本眼科看護研究会発表収録27回:84-86,2012.

20. 川口亜佐子,武信二三枝,山﨑厚志,井上幸次:経口抗癌剤エルロチニブによる薬剤性ぶどう膜炎が疑われた1例.臨床眼科66(7):1069-1072,2012.

21. 山﨑厚志,金田周三,三宅賢一郎,船越泰作,井上幸次,小松恵子,河合公子:抗癌剤パクリタキセルによる両眼性囊胞様黄斑症が継続投与中に消失した1例.眼科臨床紀要5(9):866-870,2012.

22. 武信二三枝,山﨑厚志,川口亜佐子,池田欣史,井上幸次,松浦一貴:Iris retraction syndromeの合併が疑われた裂孔原性網膜剥離の1例.臨床眼科66(9):1389-1392,2012.

23. 植松 聡,森本裕子,濱本亜裕美,中川智哉,臼井審一,渡邉誠樹,建林美佐子,數尾久美子,大鳥安正:血液透析後の一過性眼圧上昇により視野障害が進行したと推測される緑内障の一例.眼科臨床紀要5(11):1043-1047,2012.

24. 佐伯有祐,佐々由季生,安里 良,向野利寛:毛様体扁平部濾過手術を施行した血管新生緑内障の術後成績の検討.眼科手術25(4):577-581,2012.

25. 林 泰博,林 福子:涙小管結膜瘻ののちに自然脱落した涙点プラグ脱出の1例.臨眼66(13):1761-1764,2012.

26. 井上幸次,池田欣史,藤原弘光,高畑正裕,高倉真理子:眼感染症由来Staphylococcus epidermidisが形成したIn Vitroバイオフィルムに対するトスフロキサシン点眼液の殺菌効果.あたらしい眼科29(12):1681-1688,2012.

27. 小池直子,尾辻 剛,木本高志,三間由美子,西村哲哉,髙橋寛二:インフリキシマブ投与時反応による治療中止後も寛解維持できたBehçet病の1例.あたらしい眼科29(12):1701-1704,2012.

28. 林 泰博,林 福子:涙小管結膜瘻ののちに自然脱落した涙点プラグ脱出の1例.臨眼66(13):1761-1764,2012.

29. 松浦一貴,魚谷 瞳,井上幸次:白内障周術期の抗菌薬投与法の現状-鳥取,島根.IOL & RS 26(4):436-441,2012.

30. 周藤由己子,青山敦子,澤田真理子,藤原明美,角森正信,三原幸子,渡邊正樹:手術症例における間欠性外斜視の視能訓練.島根県立中央病院医学雑誌37:27-32,2012.

総説
1. 鎌田光二,松浦豊明,中村 靖,神田尚孝,岩渕成祐,平野耕治,船越泰作,古賀隆史,眼科勤務医の勤務環境検討小委員会:眼科勤務医の勤務環境検討小委員会答申.日本の眼科 83(3):381-384,2012.

2. 諸星 計:【眼科1年生が聞きたい!知りたい!目の病気と検査】病気編 麦粒腫(霰粒腫).眼科ケア14(5):404-405,2012.

3. 飽浦淳介:小切開ECCE. IOL&RS 26(2): 214-217, 2012.

著書
1. 井上幸次:感染性角結膜炎. 「今日の治療指針(2012年版)」山口徹,北原光夫,福井次矢 総編集p1218-1219, 医学書院, 東京,2012.

2. 井上幸次:第3章 眼瞼疾患. 「現代の眼科学 改訂第11版」所敬監修,吉田晃敏・谷原秀信編集 p66-75, 金原出版, 東京, 2012.

3. 井上幸次:第4章 涙器疾患. 「現代の眼科学 改訂第11版」所敬監修,吉田晃敏・谷原秀信編集 p76-83, 金原出版, 東京, 2012.

4. 井上幸次:Ⅱ.眼科疾患 5.角膜感染症. 「診療ガイドラインUP-TO-DATE[2012-2013]」門脇孝,小室一成,宮地良樹監修,p106-116, メジカルビュー社, 東京, 2012.

5. 井上幸次:9.眼科. 「最新・感染症治療指針 2012年改訂版」後藤元監修,p253-270, 医薬ジャーナル社, 東京, 2012.

6. 井上幸次:角膜実質炎「専門医のための眼科診療クオリファイ12 角膜内皮障害to the Rescue」大橋裕一編 p131-133, 中山書店, 東京, 2012.

7. 井上幸次:角膜真菌症「専門医のための眼科診療クオリファイ15 メディカルオフタルモロジー 眼薬物治療のすべて」村田敏規編 p75-76, 中山書店, 東京, 2012.

8. 井上幸次:単純ヘルペス角膜炎、帯状ヘルペス角膜炎「専門医のための眼科診療クオリファイ15 メディカルオフタルモロジー 眼薬物治療のすべて」村田敏規編 p77-82, 中山書店, 東京, 2012.

9. 川口亜佐子:涙器/ドライアイ.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p68-69,メジカルビュー社,東京,2012.

10. 池田欣史:涙器/涙道疾患.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p70-71,メジカルビュー社,東京,2012.

11. 神鳥美智子:結膜/感染性結膜炎.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p82-83,メジカルビュー社,東京,2012.

12. 蝶野郁世:結膜/アレルギー性結膜炎.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p84-85,メジカルビュー社,東京,2012.

13. 諸星 計:結膜/皮膚粘膜眼症候群.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p86-87,メジカルビュー社,東京,2012.

14. 唐下千寿:結膜/結膜腫瘍・変性.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p88-89,メジカルビュー社,東京,2012.

15. 馬場高志:強膜/強膜炎.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p100-101,メジカルビュー社,東京,2012.

16. 山﨑厚志:基本的治療手技.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p246-247,メジカルビュー社,東京,2012.

17. 佐々木慎一:抗菌薬.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p248-249,メジカルビュー社,東京,2012.

18. 山﨑厚志:副腎皮質ステロイド薬.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p250-251,メジカルビュー社,東京,2012.

19. 小松直樹:緑内障治療薬.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p252-253,メジカルビュー社,東京,2012.

20. 三宅敦子:抗アレルギー薬.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p254-255,メジカルビュー社,東京,2012.

21. 石倉涼子:眼鏡処方.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p256-257,メジカルビュー社,東京,2012.

22. 三宅賢一郎:コンタクトレンズの種類・処方.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p258-259,メジカルビュー社,東京,2012.

23. 山本由紀美:コンタクトレンズ障害.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p260-261,メジカルビュー社,東京,2012.

24. 船越泰作:ウイルス性結膜炎の治療・予防.「眼科ベーシックポイント 専門医認定試験のための力の500題」第5版 下村嘉一,木内良明,井上幸次,坂本泰二監修 p256-257,メジカルビュー社,東京,2012.

25. 飽浦淳介:初発翼状片②. 眼科グラフィック:翼状片の奥義を極める. メディカ出版, 大阪, 1(1): 89-98, 2012.

26. 飽浦淳介:水晶体嚢外摘出術. 眼手術学:5白内障.大鹿哲郎編 p333-342, 文光堂, 東京,2012.

27. 飽浦淳介:模擬眼でのウェット・ドライラボ. 眼手術学:5白内障.大鹿哲郎編 p87-92, 文光堂, 東京, 2012.

平成23年研究業績
原著
1. Yuddha D. Sapkota, Mohan Sunuwar, Naito T, Akura J and Him K. Adhikari : The prevalence of blindness and cataract surgery in rautahat district, Nepal., Ophthalmic
Epidemiology, Vol.17, No.2, pp.82–89, Mar. 2010.

2. Takeda S, Miyazaki D, Sasaki S, Yamamoto Y, Terasaka Y, Yakura K, Yamagami S, Ebihara N and Inoue Y: Roles played by toll-like receptor-9 in corneal endothelial
cells after herpes simplex virus type 1 infection. IOVS 52(9):6729-6736,2011.

3. Miyazaki D, Haruki T, Takeda S, Sasaki S, Yakura K, Terasaka Y, Komatsu N, Yamagami S, Touge H, Touge C, and Inoue Y: Herpes simplex virus type 1-induced transcriptional networks of corneal endothelial cells indicate antigen presentation function. IOVS 52(7) :4282-4293, 2011.

4. Ueda M, Sugiura C, Ohno K, Kakita A, Hori A, Ohama E, Harry V. Vinters and Miyata H: Immunohistochemical expression of fibroblast growth factor-2 in developing human cerebrum and epilepsy-associated malformations of cortical development.
Neuropathology 31(6): 589-598, 2011.

5. Kaneda S, Miyazaki D, Sasaki S, Yakura K, Terasaka Y, Miyake K, Ikeda Y, Funakoshi T, Baba T, Yamasaki A, & Inoue Y: Multivariate analysis of inflammatory cytokines in eyes with branch retinal vein occlusion: Relationships to bevacizumab treatment. Invest Ophthalmol Vis Sci 52:2982-2988, 2011.

6. 宇野敏彦,福田昌彦,大橋裕一,下村嘉一,石橋康久,稲葉昌丸,井上幸次,植田喜一,江口 洋,白石 敦,外園千恵,田川義継,近間泰一郎:重症コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査.日本眼科学会雑誌 115(2):107-115,2011.

7. 石倉涼子,唐下千寿,井上幸次,八幡健児:動眼神経麻痺による上斜視に用いた水平筋全副移動術.眼科臨床紀要 4(2):165-168,2011.

8. 馬場高志,山﨑厚志,三宅敦子,船越泰作,矢倉慶子,宮﨑 大,井上幸次:von Hippel-Lindau病に合併した黄斑円孔術後に水痘帯状疱疹ウイルス虹彩毛様体炎を生じた1例.臨床眼科 65(3):333-337,2011.

9. 岡田 明,浅野宏規,柏瀬光寿,籠谷保明,黒田真一郎,飽浦淳介,Tenzin Lungrick:眼科医療協力活動の実施地域における患者背景の変化.臨床眼科 65(3):345-349,2011.

10. 高井保幸,谷戸正樹,市岡 博,高梨泰至,舩田雅之,八田史郎,河合公子,小松直樹,大平明弘:ラタノプロスト単独投与への点眼治療薬変更による眼圧下降効果の多施設検討.あたらしい眼科 28(3):444-447,2011.

11.魚谷 瞳,魚谷 竜,唐下千寿,金田周三,宮﨑 大,井上幸次,蔵増亜希子,八田史郎:流行性角結膜炎を契機として重症の薬剤毒性角膜症を生じたSjőgren症候群の1例.眼科臨床紀要 4(5): 437-441,2011.

12.小早川信一郎,井上幸次,大橋裕一,下村嘉一,臼井正彦:細菌性結膜炎における検出菌・薬剤感受性に関する5年間の動向調査(多施設共同研究).あたらしい眼科 28(5): 679-687, 2011.

13.魚谷 瞳,山﨑厚志,魚谷 竜,神鳥美智子,山本由紀美,唐下千寿,三宅賢一郎,縄田信彦,池田欣史,坂本 誠,井上幸次:巨大網膜色素上皮裂孔を併発した頸動脈海綿静脈洞瘻の1例.臨床眼科 65(5): 705-710, 2011.

14.三宅敦子,宮﨑 大,井上幸次,加藤雅子,堀江 靖,高橋芳香,細川満人:強角膜表層切除術、輪部移植とインターフェロンαー2b点眼が奏効した扁平上皮癌の1例.眼科臨床紀要 4(6): 552-556, 2011.

15. 高村悦子,内尾英一,海老原伸行,岡本茂樹,熊谷直樹,庄司 純,中川やよい,南場研一,福島敦樹,藤島 浩,宮﨑 大,大橋裕一:春季カタルに対するシクロスポリン点眼液0.1%の全例調査.日本眼科学会雑誌115(6):508-515,2011.

16. 島崎 潤,坪田一男,荒井宏幸,坂谷慶子,稗田 牧,篠崎尚史,天野史郎,木下 茂:フェムト病レーザーによる角膜移植術の医療経済分析.Pharma Medica 29(6):141-146,2011.

17. 市川良和,高梨泰至,三原悦子,荘司琢郎,木下香織,清水保孝:右上同名1/4盲と漢字に著明な失読失書を示した左側頭葉後下部梗塞の1例.日本眼科学会雑誌115(6):535-540,2011.

18. 松山加耶子,松岡雅人,久保木香織,畔 満喜,西村哲哉,高橋寛二,松村美代,内藤 毅,飽浦淳介:ネパールアイキャンプでの超音波乳化吸引術と水晶体嚢外摘出術の合併症の比較.臨床眼科 65(6):833-837,2011.

19. 井上智之,高松文彦,神鳥美智子,堀 裕一,前田直之,西田幸二:コンタクトレンズ装用者におけるアカントアメーバ角膜炎リアルタイムPCR診断の有用性.日本コンタクトレンズ学会誌53(2):83-87,2011.

20. 浅野宏規,岡田 明,柏瀬光寿,籠谷保明,黒田真一郎,飽浦淳介:海外医療協力活動に携行する眼内レンズ度数の検討.臨床眼科 65(7):1157-1160,2011.

21. 上田麻奈美,馬場高志,船越泰作,山﨑厚志,井上幸次,井東弘子:真菌性眼内炎による牽引性網膜剥離に対し網膜切除により網膜下肉芽腫を摘出した1例.臨床眼科 65(8):1351-1355,2011.

22. 石倉涼子,唐下千寿,井上幸次,八幡健児:動眼神経麻痺による上斜視に用いた水平筋全幅移動術.日本弱視斜視学会雑誌 38:39-42,2011.

23. 山﨑厚志,船越泰作,池田欣史,金田周三,三宅賢一郎,井上幸次:近視性脈絡膜新生血管に対するbevacizumab硝子体内投与後の新生血管上の網膜厚の変化.眼科臨床紀要 4(9):881-887,2011.

24. 井上幸次,大橋裕一,秦野 寛,下村嘉一,坂本雅子,岡本 豊,眼感染症薬剤感受性スタディグループ:前眼部・外眼部感染症における起炎菌判定-日本眼感染症学会による眼感染症起炎菌・薬剤感受性多施設調査(第一報)-.日本眼科学会雑誌 115(9):801-813,2011.

25. 秦野 寛,井上幸次,大橋裕一,下村嘉一,坂本雅子,岡本 豊,眼感染症薬剤感受性スタディグループ:前眼部・外眼部感染症起炎菌の薬剤感受性-日本眼感染症学会による眼感染症起炎菌・薬剤感受性多施設調査(第二報)-.日本眼科学会雑誌 115(9):814-824,2011.

26. 藤 紀彦,子島良平,池田欣史,堀 裕一,佐々木香る,坂本雅子,宮田和典,井上幸次,田原昭彦,野口ゆかり,藤原弘光,本田雅久:眼科用薬剤感受性プレートの臨床的有用性.臨床眼科 65(10):1601-1607,2011.

27. 安里 良,佐伯有祐,佐々由季生,向野利寛:強度近視を伴う黄斑円孔網膜剥離に対する耳側強膜短縮併用の硝子体手術の成績.眼科臨床紀要 4(12):1155-1158,2011.

28. 松浦一貴,魚谷 竜:トラボプロスト使用中の術後嚢胞様黄斑浮腫の1例.臨床眼科 65(13):1951-1953,2011.

29. 小早川信一郎,井上幸次,大橋裕一,下村嘉一,臼井正彦,COI細菌性結膜炎検出菌スタディグループ:細菌性結膜炎における検出菌・薬剤感受性に関する5年間の動向調査(多施設共同研究.日本眼感染症学会誌6:15-23,2011.

30. 魚谷 瞳,佐々木勇二,高橋利幸:抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の1例.公立八鹿病院誌20号:1-5,2011.

31. 佐々木勇二,水守康之,上野豊広,須田謙史:腫瘍随伴視神経症が疑われた1例.公立八鹿病院誌20号:11-14,2011.

総説
1. 井上幸次:全身疾患に関連したヒトヘルペスウイルス眼感染症.鳥取医学雑誌 
39:1-5,2011

2. 井上幸次:角膜真菌症.かびと生活 4:137-142,2011.

3. 坂谷慶子:3.術後検査,合併症と対策.あたらしい眼科28(臨増):187-189,2011.

著書
1. 井上幸次:ヒトヘルペスウイルス感染症.「専門医のための眼科診療クオリファイ5 全身疾患と眼」村田敏規編 p124-128, 中山書店, 東京, 2011.

2. 井上幸次:ヘルペス(性)角膜炎. 「眼科学 第2版(Ⅰ)」丸尾敏夫・本田孔士・臼井正彦編 p103-105, 文光堂, 東京,2011.

3. 井上幸次:帯状ヘルペス角膜炎. 「眼科学 第2版(Ⅰ)」丸尾敏夫・本田孔士・臼井正彦編 p105-106, 文光堂, 東京,2011.

4. 井上幸次:角膜真菌症. 「眼科学 第2版(Ⅰ)」丸尾敏夫・本田孔士・臼井正彦編 p106-107, 文光堂, 東京,2011.

5. 井上幸次:アカントアメーバ角膜炎. 「眼科学 第2版(Ⅰ)」丸尾敏夫・本田孔士・臼井正彦編 p107-108, 文光堂, 東京,2011.

6. 井上幸次:副腎皮質ステロイド薬. 「眼科学 第2版(Ⅱ)」丸尾敏夫・本田孔士・臼井正彦編 p1095-1096, 文光堂, 東京,2011.

7. 井上幸次:感染性角膜炎全国サーベイランス.「専門医のための眼科診療クオリファイ6 コンタクトレンズ自由自在」大橋裕一編 p210-213, 中山書店, 東京, 2011.

8. 飽浦淳介,雑賀司珠也:Ⅰ.眼科手術に必要な解剖,生理,水晶体,Zinn小帯.「新 ES NOW No.5 眼科手術のロジック-こう考えれば手術は上達する-」山本哲也,江口秀一郎,ビッセン宮島弘子,門之園一明編 p32-35, メジカルビュー社,東京,2011.