診療内容

角膜疾患に対し角膜形状解析装置、角膜内皮撮影装置を駆使して診察を行い、各種の角膜移植手術を施行しており、山陰の角膜移植センターの役割を担っています。

網膜・硝子体疾患に対し、各種眼底造影撮影装置、OCTスキャナー等最新の機器を揃え診断に効果をあげている。手術面では高速硝子体カッターを用い、小切開硝子体手術も導入、難症例に対し最新の治療を行っている。また黄斑変性に対するPDT(光線力学療法)、血管新生を伴う疾患に対する抗VEGF抗体硝子体内注入などを積極的に行っています。

眼感染症に対してreal time PCR、細菌・真菌培養・ウイルス分離を含めた病因診断を徹底させ、治療の効果をあげています。