眼科長

井上 幸次

ご挨拶

鳥取大学の眼科は鳥取県内だけにとどまらず、広く山陰地方の眼科医療の要として、日々患者様の目の健康の守り手としてがんばっています。
日常生活で得られる情報の8割以上は目から入るといわれており、日々の生活の質、いわゆるquality of lifeにとってひじょうに重要な役割を担っています。いくら全身的に健康でも視力が損なわれるとその人の生活の質は著しく落ちてしまいます。逆に「見える」ことによって、その人のquality of lifeは格段に改善します。白内障手術を受けることによって患者様の生活の幅が大きく広がることを 私たちは常日頃から経験し、目の重要性を日々の臨床で実感しています。
しかし、ひとことで目の疾患といっても多岐にわたり、それぞれの病気によって多種多様の対応をしなければなりません。鳥取大学の眼科は山陰に暮らす人たちの目の健康のニーズに幅広く答えるために、内科的、外科的な多くの技術を駆使して、幅広い眼疾患に多面的に対応できる体制をとっています。
もっとも多い白内障はもちろんですが、緑内障や網膜剥離・角膜混濁のようなより視力予後が悪い病気に対しても山陰地方の最後の砦として、個々の患者様に最適な治療を選択して行っています。手術の適応のある患者様に対しては積極的に手術を考慮し、年間1000件を超える手術をおこなっています。また、最新の治療をいち早く取り入れ、加齢黄斑変性に対する光線力学療法や、眼内の出血性疾患に対する抗血管新生薬眼内投与などを行っています。角膜の移植についても部分的に移植をおこなう最新の術式を取り入れています。角膜移植のドナー提供については鳥取県内のみならず、日本国内、さらには海外のアイバンクからも協力を得ています。また、目は全身疾患との関係も重要ですので、糖尿病をはじめとした全身疾患に関連した眼疾患の治療をおこなうとともに、他科と緊密な連携のもとに、眼の所見や詳細な視機能の検討から、患者様の全身の治療や日常生活改善のために有用な情報を得ることもめざしています。
このように幅広い眼科医療を行っている鳥取大学眼科では、現在の患者様に対する診断・治療だけでなく、将来の患者様の診断・治療に役立つように、教育・研究をつねに考え、知識や技術の蓄積・伝達・新たな開発をめざしています。新たに眼科医を目指す先生方の研修にとっても最適な環境であり、若い実力のある先生方の参加を得て、患者の皆様によりよい視力・よりよい生活を将来にわたって提供していきたいと考えています。

                          鳥取大学医学部附属病院
                          眼科科長 井上幸次





井上先生.PNG